2018年5月15日神吉石橋さん田植え。今年も動き出しました!

今週は、当店の産直米、神吉コシヒカリの田植えも
行われました。ワイン通販サイトで、産直米を頑張
るところも、ほぼ、無いんじゃないかなぁと思いま
す。当店のワインのセレクくトするポイントとして、
料理との相性もかなり重要なんで、食事を構成する
柱であるお米を扱うことに違和感が無いんです。
 

田植えその1
植える前の準備です

田植えその2
田植え機登場!乗っているのは、石橋さんです。

田植えその3
こんな感じで田植えされて行きます。

よく「無農薬有機栽培」なんて聞くと、なんだか安
心だなぁ~なんて思いません??
世間的に有機栽培だから安心とか言うでしょ?でも、
有機でもしょせん、肥料なんですから、窒素化合物
には変わりはないんですよね。なので、肥料のやり
すぎと、肥料が慢性的に残った土壌での稲作は非常
に危険なのです。詳しくはこちら→残留肥料の害

当店のお米は、最小限の肥料で育てるべく、苗のひ

とまとまりを3粒で構成する「細植え」をしてもら
っています。少ない米粒で構成された苗なので、施
肥する肥料の量も計算しやすいですし、肥料の量を
シビアに管理することが可能になります。

そもそも肥料とは、稲の穂が出た段階で土壌の肥料

分が成長に使い切られた状態がベストなのです。も
し、土壌に肥料分が残っていると、根っこから吸収
された窒素化合物がダイレクトに実である米に溜ま
ってしまいます。これが、残留肥料なんです。この
お米、苦いなぁって経験ありませんか?その苦味こ
そが肥料なんです。

当店のお米は、しっかり育った葉っぱが光合成をす

ることで出来た養分のみが詰まったお米です。お米
の本当の美味しさが解っていただけるかと思います。

今回は、かなりしっかり目に書きましたが、以降は

もっとサラっと稲が育っていく様子を淡々と報告し
ていくつもりです。おっ!と思われたら、お米と同
梱で送料無料サービス、活用してくださいませ。
いしばしさ

 

なんともルーマニアのワインはすごいですわ。 ワイン通販 赤ワインフルボディ

今日は、薬研軟骨、鶏もも軟骨、砂ずりをいつもの
味噌炒めにしました。キャベツと人参は、ゴリゴリ
の食感がイヤなので、レンチン3分してから炒めて
ます。
 
お肉類は、小さなテフロンのフライパンに蓋をして、
強火で焼き〆ています。
 
野菜類に調味料を加えて火を付け、全体に調味料が
満遍なく混ざったら、焼き〆をした肉類をフライパ
ンの中の水分も含めて野菜類のフライパンに移しま
す。蓋をして焼き〆ると、お肉の水分が旨味として
活用できるので、調味料を減らせます。
 
肉類を野菜類と合わせたら、満遍なく混ぜ合わせ、
肉類に味をなじませます。味が肉類に絡んだら、鍋
を傾けて炒め汁を端に寄せ、直火を当てて沸かせま
す。しばらく沸かせて香ばしい香りが立ったらフラ
イパンの中の具材を潜らせて香ばしさの演出をしま
す。この一連の作業を3回繰り返します。3回ともな
ると、炒め汁もほぼ蒸発し、やや薄味の味付けをメ
リハリの効いたパンチのある味に方向転換させます。
 
メリハリの効いた味ですが、実際に加える調味料の
量は、最小限なんで、食後も喉が乾くなんて事は無
いですし、お腹にも優しい一皿となってます。
 
肉類も、砂ずりと軟骨類なんで、歯ごたえのある噛
んで美味しい食材なので、咀嚼の回数も増え、少な
い量でも食後の満足感は、高めです。主食は、相変
わらず「ふかふか玄米」なので、腹持ち良好なんで、
初老の体型維持には、欠かせません。
 
 
しっかし、タニックなピノです。ルーマニア、恐る
べし。砂ずりのいい感じの苦味とエグみに合ってま
す。先週のゴボウとの相性と同様、苦味とエグみに
寄り添うピノでした。個人的には、評価するんです
が、ブルピノこそ、ピノ、って価値観から大いに脱
線なんで、賛否両論なピノですね。
 
 
ルーマニアのスパイシーなピノメルロー、味わい
の密度が、みっちり詰まってます。
 
ただただ美味い^_^
 
存在をすっかり忘れていたカオール、抜いて18日も
経過していました。しかーし、練れた果実香がぶわ
ーっと香ってきますし、ジリっとした独特の舌触り
もそのままに太いタンニンが飲みごたえを感じさせ
る味わいでした。やるな、黒ワイン。
 
 
2016年のチリピノは、5日経過です。抜いて3日目が
味わいのピークですね。5日は、いささかタニック
過ぎてます。しかし、全くのブランドで先入観ゼロ
で飲んだなら、私見ですが、高評価でしょうね。
 
ACボルドーかな?なんて思えます。
 

 

レンチン3分したキャベツと人参にオリーブオイル
をかけてニンニク塩麹赤味噌グリーンカレー
ペーストを合わせます。

 

砂ずり、薬研軟骨、鶏もも軟骨を蓋をして強火で
しっかり焼き〆ます。

 

鍋に残る肉類の旨味がたっぷり乗った水分は、美味
しさの要なんですよね。

 

美味しさの要の水分と脂も全て野菜類に混ぜ合わせます。
しばらく肉類に味をなじませまして。

 

炒め汁を端に寄せ、直火を当ててしっかり焦がしま
して、いや、完全に焦がしちゃうと、美味しさゼロ
なんで、そこは、程よくですね。この工程が無いと、
ピントのボケたフンワリした味わいの炒め物になる
んですよね。そうなってしまうと、味覇や、香味ペ
ーストのお世話にならざるを得ないんですよね。こ
の手法、使えるんで、是非。

 

18日たっても、美味しいって感じるカオール、や
っぱりダイスキです。グラスの色を見れば、黒ワ
インってのもナルホドってなりますね。メランジ
ェの粒胡椒のフルーティな香りとカオールのこれ
も、フルーティさを含んだスパイス香がシンクロ
して、飲む前からだいぶテンションが上がります。

 

ルーマニアメルロー、初日の駄目評価からV字
回復しまして、まだまだ高水準を維持しておりま
す。このワインも苦味とエグみのある食材とぴっ
たりな味わいです。鷄レバーや、ゴボウ、ピーマ
ン、赤味噌、唐辛子、白胡椒、黒胡椒なんかのニ
ュアンスとぴったりなワインです。

 

初日から、なかなかのスパイシーな香と味わいの
タニックなピノです。このニュアンス、ホント、
お初です。きっと搾汁圧、思いっきり高いんでし
ょうね。これは、印象に残る味わいです。

 

ちょっと峠を越えた感のあるチリピノ。ちょっとタニ
ックですが、これは、これでアリだと思います。
 
 
 
 
 

 

ドメーヌ アランブリュモン マリアンヌ ルージュ

ドメーヌ アランブリュモン マリアンヌ ルージュ

これ、アランブリュモンのボトムレンジなワインですね。 ガスコーニュルージ ガスコーニュ タナ+カベルネより200円安い価格設定なんですが、この充実した味わいは、ホント、ワインは、値段じゃないって痛感しますね。

 

カシスやドライフルーツの凝縮した果実感に涼しさを感じるミントやハーブのニュアンスが絡みます。グラスの中で、空気となじませて、ワインを開かせていくと、タンニンの角がとれ、分厚く、柔らかに開いていきます。

 

このワインも搾汁圧が高い造りなので、栓を開けて3日目以降が美味しさのピークですね。開けて即には、軸や種子のニュアンスが青さとしてほんの少し根底に感じます。これが、日にちを経ることで、複雑なニュアンスへと成長していきます。最終果実の甘さとまじりあって、花梨を思わせる繊細な甘さと渋がタンニンの向こう側に見え隠れします。

 

チャーミングなフルーティな香りの向こう側には、胡椒を思せるスパイスが存在します。挽きたての粒胡椒の香りを合わせると、ワインの香りと驚くほどシンクロします。胡椒を振りかけたくなる料理と合わせて下さいね~

 

ワイン通販.COM Selected by 大文字屋

バレンシアのワインは、手ごわいですよ~  3日目まで残しておいてくださいね~

おっと、毎日更新と言いながら、1日空いてしまいました。こちらのワインは、スペインはバレンシアのモナストレル50%テンプラニージョ30%他ってワインです。
 
前回のカオールの黒ワイン、それも、ちょっとオールドスタイルなシャトー ラ ポヂャッド カオールの苦渋つながりです。ポヂャッドもそこそこ苦渋ですが、バレンシアの苦渋には、ちょっと負けるかな^^
 
ま、苦けりゃいいってもんでもないんですけど、こちら、かなり仕上がってます。注いで即の味わいは、単に苦いって感じで、ナニコレ感が強いんですよね。5分してもあんまり変化は現れません。でもでも、もう少し、そう3分ほど待っていただければ、タンニンに表情が現れ始めます。出来るこちなら、初日は、適当にしておいて、いさぎよくコルクを差し込んで下さい。
 
2日目になってくると、グラスに注いで数分でタンニンの向こう側の景色が見えてきます。真っ赤な花びらを噛みしめたようなエレガントな渋がじんわりと感じられます。2日目も、適当なところでコルクを差し込んでくださいませ。
 
本番は、3日目なんです。もう、爆発的に美味しくなってるんですから。注いで即を口に含めば、初日の無味な印象が嘘だったように表情豊かな渋が展開されてます。花梨の甘さもふんわり感じられます。こんなにエレガントでいいのでしょうか???
 
野菜の青っぽさ、牛肉の脂の甘さとも絶妙な相性なんですよね~粒胡椒の香りとも非常に良く合います。味わいはスムースでバランスが取れています。非常にパワフルで余韻が長いのが特徴です。」←なんて書いて販売してるサイトがあったりしますが、説明不足だなぁ~って思います(笑)
 
明日は、ナニをオススメしましょうかね。
 
ボデガスエンゲラ カスティージョ クリアンサ←飲むなら、抜いて3日目に照準を合わせてくださいね~即日飲みきりなんて、もったい無いですよ~
 

 

ワインに寄せたフライパンで焼き鳥風 ワイン通販 送料無料 赤ワイン煮合う料理 コスパワイン

いつもの難解なレシピの反省もありまして、

本日は、お手軽+簡単ってのを念頭に作ってみまし

た。フライパンで作る焼き鳥風です。

 

もも肉角切りなるものが売ってましたので、

それを200gほど使います。白ネギは、1本

こんな感じに切ります。お肉は、パックから

そのまま調理できるんでお手軽(爆)ねぎも、

テキトーに切っちゃってくださいね~

 

まずは、テフロンのフライパンに少しのごま

油で、表面の焼き締めを行います。

 

強気の強火で、このくらいまで焦がしてくだ

さい。強火で表面を固めてうま味を保持して、

香ばしさを出すに留めます。

 

いったん火を止め、刻んだねぎと、にんにく

塩麹大さじ1濃口醤油小さじ1~1.5、酒80ml

バルサミコ酢小さじ1~2を入れて、弱火で

1分ほど蓋をして、調味料を鶏肉とねぎにな

じませます。

 

あれば、熱伝導のゆるやかなフライパンに移

し変えて蓋をして弱火で、肉の芯まで熱を入

れていきます。だいたい1分ごとに蓋を開け

上下を返して5分熱をじっくりかけていきま

す。

 

5分間しっかり熱をかけたら蓋を取って、

強火で調味料を詰めていきます。画像程度ま

で詰めて、醤油の焦げ感や肉の脂の旨味を引

き出したら完成です。盛り付けたら、七味を

ふって、糸切り唐辛子をあしらって頂きます。

 

ラ・クロワッサード レゼルヴァ カベルネ+シラー

合わせたワインは、ラングドックのカベルネ

+シラーです。しっかり熟した黒い果皮を感じ

るスパイシーなニュアンスと濃いめの果実味

が値段を感じさせません。甘辛+香ばしい焼

き鳥風と合いますね^^

 

是非お試しを。

 

↓ククパに投稿しました↓

ワインとごはんがススムフライパンで焼鳥風

 

    ワイン通販.COM Selected by 大文字屋

 

ワインと料理とパンと。

日曜日は、近くの河原までプチサイクリングして、餃子です。 ワイン通販 送料無料 南ア フルボディ

毎週日曜は、近くの河原までプチサイクリングして、お昼ごろに

帰ってきて、3人家族で餃子を包みます。小4娘も充分戦力です。

 

ウチの餃子は、2種類あります。ひとつは、一般的なブタミンチ

にキャベツとニラが入ってるタイプです。もうひとつは、鶏軟骨

を加圧で蒸して柔らかくしたのを混ぜています。豚と鶏なんで、

味わい的にケンカしてヤヤコシクなるのかな?なん思ってました

が、これが、なかなかキマってるんで、是非お試しアレです。

 

加圧で軟骨を蒸しつつ南アのカベルネを一杯。いかにもボルドー

的な味わいで、果皮や軸、種子の苦渋とタンニン、青っぽさなん

かを、強い圧で、ギュギュ~~っと搾った味わいです。

 

蒸しあがった軟骨を細かく刻んで混ぜています。餃子には、白か

スパークリングって決め付けられがちなんですが、ボルドースタ

イルの赤なら、軸や種子の青っぽさも味わいの要素なんで、ニラ

の青さと、ドンピシャリなんですよね~~果皮の油脂分からのス

パイシーな香味も辣油のニュアンスに通じるものがあるんで、こ

れもドンピシャリかな^^

 

白も泡もいいんですが、苦み走った赤も、トライして下さいね~

そこそこイケますよ~

 

    ワイン通販.COM Selected by 大文字屋

 

ワインと料理とパンと。

木曜日は酒屋の店舗で自炊です。 ワイン通販送料無料 赤ワインに合う料理

鶏ササミの赤味噌トマト煮込み

 

ササミ150g

ニラ半束

玉ねぎ1個(大きめ)

トマト1個

赤味噌小さじ2

にんにく塩麴大さじ1

アンチョビペースト小さじ1

 

ササミは食べやすい大きさに切って、油を敷かずテフロ

ンのフライパンで表面を焼締めます。画像までくらいこ

んがりさせると、鶏の脂の香ばしさが旨味となって味わ

いの幅をつけてくれます。

 

ソースを作ります。トマトは皮をむいてざく切りにします。

玉ねぎは1/4個を櫛切りにしてフライパンへ、残りの3/4

個は、適当な大きさに切って加圧で3分蒸します。

 

「加圧で玉ねぎを蒸す」←あんまり聞かない手法でしょ^^

例えば、カレーとか、シチューなんかでルゥを市販のルゥ

を使わずに作るとしたら小麦粉を溶いて煮汁の濃度を上げる

のが一般的だと思います。この手法は小麦粉を炒めたりして

けっこう手間ですよね。でもですね、個人的な問題かも、な

んですが、小麦粉がベースだと50歳のおなかには重たいん

です。そこで玉ねぎの登場なんですよ。

ビーフストロガノフみたいなを作ってみました。

↑この料理にも玉ねぎのペーストが使われてます。↑

素材自体に色がついてないのも汎用性がありますし、自然な

甘さも、味わいの奥行をつけてくれますしね。

 

加圧で蒸した玉ねぎをブレンダーボトルに入れて「ガー」し

ました玉ねぎペーストを、トマトと玉ねぎ、調味料の入った

フライパンに、こんがりと表面の焼き締めをしたササミと共

に入れて、蓋をして弱火で櫛切りの玉ねぎが柔らかくなるま

で煮込みます。玉ねぎが柔らかくなってきたら、蓋を開けて

強めの中火で水分をお好みまで飛ばして完成です。

 

最終工程で水分を詰めるんで、味付け、特に塩分系は控えめ

が吉です。私見ですが、玉ねぎペーストは、熱をかける時間

に比例しておいしさ度が上がる気がします。感覚的には、素

材の甘さが凝縮される、そんな気がします。

 

合わせたワインは、店内の片隅で売れ残っていたアメリカの

カベルネフランです。5年?いや、4年??とにかく長らく

売れてなかったワインです。このような長期在庫のワインを

飲んでみて、店内の環境がワインの保存に適合しているかを

確認するのも意義がありますよね。

栓をあけた瞬間にまき散らされる赤い花の香りとベリー系の

酸を含んだ香りに、ホッと胸をなでおろします^^

口に含めば、優しい酸と適度な果皮のミネラルの苦渋が心地

よい味わいでした.

 

やっぱり赤ワインには、トマトとにんにく、赤味噌で味わい

を構成すれば、ほぼ間違いなく合いますね。

ニラの青っぽさも、赤ワインに含まれる軸や種子から出る味

わいの要素と合うんですよね。

 

2011年のカベルネフランです。画像は真っ黒けですが

実際は、赤みがさしてました。アップルさんのカメラは、

赤色の表現が得意じゃないのかな?お昼に撮影用で80ml

ほど使ったのをその日の25時に飲み切りました。

 

ワインは、やっぱり、栓の開けたてより時間を置いた方が

おいしさ度は上がりますね。果実味と果皮の苦渋の絡み方

がより緻密になった印象でした。

 

カベルネフランも、おいしいね^^

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ワインをご注文下さると、翌日トーストが最高に美味しい 

こんなハードパンの半分カットが同梱されます。

こんなパンで~す

ウマいよ~ホントだよ~^^)

 

    ワイン通販.COM Selected by 大文字屋

 

ワインと料理とパンと。