読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ワインに合う料理 ワイン通販 コスパワイン通販 おすすめ

「赤ワインに合う料理 煮込み」とググって出てきた

クックパッドのレシピから、スペアリブの煮込みを作って

みました。元レシピも化学調味料を使わないレシピなんで

そのまま作ってもいいかな?と思いましたが、ズバリその

ままってのもねぇ~    ☟参考にしたレシピです☟

煮込み♪豚スペアリブの赤ワイン煮♡

 

とりあえず、表面の焼き締めを行います。これ、やるとや

らないで、仕上がりにかなり影響がありますんで、いつも

別の小さなテフロンのフライパンでやってます。

 

表面の焼き締めが終われば、ゴロゴロの日が通りにくい具

材なら、毎度おなじみの「加圧で蒸す」処理を行います。

元レシピもそうなんですが、煮込みを1時間するとかなん

で、ここは時短(大文字屋にしては珍しい)で^^

加圧で5分も蒸すと、こんなゴロゴロの具材でも、しっか

り中の中まで熱がかかりますし、余分な脂も落としてくれ

ますし、結構使える下処理なんですよ~

一緒に入れてるのは、乾燥にんにくです。これ、たくさん

入れても、臭いが蒸すことで飛んでいくんで、味わいシッ

カリだけど臭くならないんで、これまた使えるんですよ~

 

加圧で5分蒸し上がりました。上の画像と比較しても、具

材が縮んでないのがわかります。煮込みで同じくらいまで

調理すると、お肉部が縮んで、スペアリブの骨がニョキッ

と出てたりするんですよね~

水分非接触なんで、とにかくシットリ感と旨みが逃げてな

いのが良いですよね~

 

蒸し台を鍋の中で返して、お肉に付着したニンニクを落と

します。この残り湯には、豚の旨味がしっかり乗ってるん

で、スープストックとして何かの料理の旨味のベースにし

ます。

 

☝これ、ウチのオリジナルの旨味ペーストです。

旨味のベース☆玉ねぎニンニク塩麹ペースト

熱伝導の緩やかな重たいフライパンを使って、とにかく弱

火で、それこそ消えそうになるくらいの火加減でじっくり

加熱していきます。蓋をして時々上下を返し15分ばかり

加熱していくと、生の苦かったタマネギが甘くなってくれ

てます。今回のでは、甘くしただけでしたが、こっこから

中火くらいで少し焦がせば、香ばしさの演出も可能です。

ただ、完全に焦げてしまうと、不味い苦味が出ちゃうんで

慎重に焦がす必要がありますね。

 

タマネギを食べてみて、甘くなってるのを確認したら、蒸

しあがったスペアリブを入れて、伊藤園の理想のトマトっ

てスプーンですくって飲むのが適してるような食塩無添加

のトマトジュースを190ml加えます。味付けは、毎度お

なじみ、赤味噌グリーンカレーペーストです。私見です

が、トマト+赤味噌=デミグラスソース味と思うんですけ

どね^^甘さとほろ苦さですもん、デミグラってコトで。

最後にシメジを加えて、火加減は弱火で蓋をして、時々上

下を返しながら煮込んでいきます。シメジに火が通れば全

体の熱感も揃ってますんで、出来上がりとなります。

トマトジュース、数々あれど、ここまで濃厚なのは、知り

ません。みつけたら、買ってみて下さい。

 

ハイ完成の図。トマトジュースでこのコッテリ感。小麦粉と

かの増粘は、一切ナシ。最終強火で、少し焦がすと、美味し

さ度が上がります。あっ、これも程度問題ですけどね~

スペアリブを食べて、美味しい煮汁をひたパンにして、もう

止まらない、止まらない^^

 

こんなにゴロゴロでも、しっかり火が通っております。

ウマ~~い。

 

この手の料理の常ですね、美味しい煮汁が余ります。

これ、捨てるの、超もったいないんで、パスタソースに

リメイク??いやいや、そのまま茹でたパスタにかけた

だけです。粉チーズと黒胡椒をパラパラで、めちゃウマ。